深い大人の香り♡ビターオレンジオイルの効能と使い方

甘いフルーティな香りにオレンジの苦みのきいたビターオレンジのアロマオイルは寒くなってきた秋から冬にかけての時期にピッタリな香りです。通常のオレンジの香りとちょっと違った大人なビターオレンジの香りを楽しんでみませんか?

ビターオレンジとは?

オレンジの香りのアロマオイルというとスイートオレンジが有名で、ビターオレンジは初めて聞いたなんて方もいるかもしれません。しかしスイートオレンジとビターオレンジは似ているようで、性質が違っているところもあるので注意が必要です。

スイートオレンジはスーパーなどで売っているオレンジから作ったもので、名前の通り甘くてフルーティーな香りのアロマオイルになります。ビターオレンジは日本語で言うとダイダイというミカンの一種から作られるアロマオイルで、深みのある甘さの中にオレンジ独特の苦みのある大人の香りのものです。二つの香りは似ているようでタイプが違うのできちんと使い分けましょう。

ビターオレンジの様々な効能♡

アロマオイルはさまざまな人の体や心に対していい効果をもたらします。どのような効果をもたらすかはその香りの種類にもより、ビターオレンジのアロマオイルにも特徴的な効能を持っているのです。ビターオレンジの代表的な効能について説明します。

体に対する効能

ビターオレンジは主に胃腸を整える効果を持っています。特にイライラしたときや緊張などの精神的ダメージによる胃腸の痛みや異常によく効き、ストレスがたまりやすい現代社会にうれしい効能です。また抗炎症作用や殺菌などの効果もあるので、風邪やインフルエンザの予防にも役立つことでしょう。

心に対する効能

ビターオレンジの香りには抑うつ効果があると言われています。気分が落ち込んだり、後ろ向きな考えにとらわれたりしているときに、気分を晴れやかに楽観的に物事を考えられるように手助けをしてくれるのです。緊張を和らげる効果もあるので、発表する時や試験など失敗ができないプレッシャーが大きな時に着けておくのもいいでしょう。

肌に対する効能

ビターオレンジを肌に使うときの主な効能は収れん作用です。収れん作用は肌を引き締める効果で、しわやたるみなどで悩んでいる方におすすめです。殺菌効果や抗炎症作用もあるので、ニキビなどのできものにも効果があると言われています。

ビターオイルのオススメな使い方

アロマオイルを買ったはいいけど、どうやって使ったらいいかわからないなんてことがあると思います。今回はビターオレンジのおすすめの使い道を二つ紹介します。

香りを楽しむ

アロマオイルを楽しむとなると専用のランプなどが必要だと思われますが、それがなくとも簡単な香りを楽しむ方法があります。マグカップに熱いお湯を入れてそこに精油を一滴二滴たらすだけです。湯気と一緒に香りが広がっていくので、冷めたら新しいお湯を追加するだけなので難しい手間がかかるようなことはありません。

香りを持ち歩きたい人はハンカチやティッシュなどにたらしておくとおしゃれに香りを楽しむことができます。緊張を和らげる効果があるビターオレンジを緊張しそうな状況の前に、においをかぐことができるので活用してみましょう。

お風呂で楽しむ

一日のリラックスタイムである入浴時にアロマオイルを楽しむのもおすすめです。楽しみ方は簡単で、入浴前にお風呂のお湯にアロマオイルを1から5滴ほど垂らして混ぜるだけになります。ビターオレンジはストレスに効果的なので仕事終わりの疲れた体にピッタリです。

もっと効果的にアロマオイルを使いたいときは、天然塩と混ぜてバスソルトとして使うのもいいでしょう。ただ塩分はバスタブを痛めるので、バスソルトを入れたお湯は次の日に持ち越さず、その日のうちに流しておきましょう。

簡単!ビターオレンジと相性のいいブレンド

アロマオイルは単体で使うよりも、他のアロマオイルとブレンドして使うことが多いです。ビターオレンジの効果もアップして、香りの相性もいいオイルを紹介します。

ラベンダーでリラックス効果アップ

緊張をほぐす効果があるビターオレンジの効果とラベンダーの眠気を誘う優しい甘い香りの相性は抜群です。夜寝る前に枕もとで香りを焚いてみたり、寝具に香りをつけてみたりするといいでしょう。ラベンダーにも殺菌効果があるので、風邪予防にも効果的です。

シナモンと合わせた冬の香り

クリスマスを代表する香りと言えばオレンジシナモンです。オレンジの甘さをシナモンが引き締める冬にピッタリな香りですが、ビターオレンジを使うことで、大人の苦みがそこに加わります。今年のクリスマスはちょっと大人な香りに包まれてみるのもいいでしょう。

シナモンには気分を前向きにさせる効果があるので、抑うつ効果があるビターオレンジとの相性は抜群です。気分が落ち込みやすい冬にはちょうどいいアロマオイルでしょう。

注意点を守って使用しましょう

アロマオイルは体にいい効果も与えますが、使い方を間違えると体に悪い影響を与えることもあります。ビターオレンジには光毒性という光に当たると肌を傷つけることがあると言われています。肌に触った後はしっかり時間を見てから外に出るなど気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です